ヨガレポート③

報告が月をまたいでしまいましたが、去る11月18日に妻とともに再び禅ヨガに参加させて頂いてまいりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1回目と2回目の記事はこちら

☞ ヨガレポート①

☞ ヨガレポート②

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は今年最後の禅ヨガとのことで、貴重な場に参加させて頂く機会を頂けてラッキーでした!

参加されている方々は専門性の高い業界に携われている方も多く、毎回色々な意味で刺激を頂いております次第です。

特にお世話になりましたのが禅ヨガといえば毎度おなじみの【健康salon☆etoile(エトワール)】主宰者の樋口千鶴先生と禅ヨガの主催者でいらっしゃる【畳屋の姉さん】こと新海部長様。いつもお励まし下さり感謝申し上げます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新海部長様のブログはこちら

☞ 静岡の畳屋の姉さんが語る畳、家族、趣味のこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他にも東京イボンヌに所属されるコントラバスアーティスト・土田卓先生もご紹介頂くなど、ヨガのみならずレベルの高い方々と時間を共有することができて光栄でした。また機会を頂けるようであれば、友人なども誘って参加してみたいですね。

文末となりましたが、ちょっとご紹介をば・・・!土田卓先生が所属されている劇団東京イボンヌの第10回公演「モーツァルトとマリー・アントワネット」が東京都品川区荏原にあるスクエア荏原・ひらつかホールにて明日より開催されるそうです。

以下はサイトから転載です↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

fe2b051328beb7783530563485bfe861

【主 演】

宮地真緒、石井康太(やるせなす)、与座よしあき

【あらすじ】

神の子として生まれたモーツアルト。 人間の争いが絶えないことに絶望する神に対し「私が音楽の力で変えてやります」と自信満々で、下界に降りたモーツァルトであったが・・・。 初めて人間社会の難しさに直面する。嫉妬やねたみ、そねみ、人間独自の感情にモーツァルトの繊細な心は疲れ果てて行く。「音楽の力で人間を変える」と豪語してきたモーツァルトだったが、人間社会の現実にすっかり滅入っていく。しかし、そんなモーツァルトが密かに愛し続けた女性がいた。 それはかの有名なマリー・アントワネットである。マリーは宮廷内での反マリー派の策略にはまり、フランス国民からひどく恨まれていた。実際、マリーの豪遊は事実ではあったが、結婚後、7年もの間、夫ルイ16世とセックスレス状態だったストレスによる反動がマリーを深い孤独に追いやっていた。しかし、互いが唯一ほっとできる空間はヴェルサイユ宮殿のマリーの部屋である。二人は互いの悩みを打ち明けて行くうちに、やがて愛し合うようになる。神の子と人間の愛。マリーは彼の正体を知りながら、愛は深まる一方である。しかし、平穏な時代は長くは続かなかった。二人は、フランス革命の激動の渦へと巻き込まれていく。

※この物語はフィクションです。

【公演期間】

2015/12/08(火) ~ 2015/12/10(木)

【会 場】

スクエア荏原・ひらつかホールまでの道順 (所在地:東京都品川区荏原4-5-28)

東急目黒線・武蔵小山駅、東急池上線・戸越銀座駅 共に徒歩10分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご興味がある方は是非!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肩首のこりからくる頭痛にお悩みの方はご相談下さいませ。

清水区 の整体・鍼灸・整骨院をお探しの方は当院へ!!!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・