【プロテインって、種類があるの?】

ロテインって、種類があるの?

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!静岡市清水区の整体院・ほぐし処くさなぎの野村です。

今回は当院にて開催しておりました(現在は山の手自治会館で開催中!)筋トレ会の講師ことモヒカン先生のゲスト投稿【プロテインって、種類があるの?】をご紹介させて頂きます!

◆前回の記事

【サプリメントって必要ですか?】

【最初に飲むサプリメントは何がいいんですか?】

プロテインには様々な種類がある

お世話になっております。

前回、プロテインについて簡単に説明した際に様々な種類がある、と話をしましたが、今回は簡単に違いを説明したいと思います。

プロテインにはホエイ、エッグ、ソイ、ビーフ、カゼイン、混合などの種類があり、それらの違いは概ね原料の違いと吸収スピードの違いと見ていただいて良いかと思います。


個別に解説していきましょう。

ホエイプロテイン…牛乳から作られる乳清(ホエイ)が原料。吸収が速い。乳糖不耐症の方はおなかを下す場合がある。


エッグプロテイン…卵白が原料。スポーツ用途ではあまり売っていない。製菓材料などで売られている。


ソイプロテイン…大豆が原料。ホエイプロテインより安価。消化吸収が穏やか。体質によりおなかを下す場合がある。


ビーフプロテイン…牛肉(すじ肉、ホルモンなど)が原料。他のプロテインには含有されないクレアチン、ビタミンB群が豊富


カゼインプロテイン…牛乳に含まれるカゼインタンパクが原料。吸収が穏やか。


混合プロテイン…概ね上記のホエイ、ソイ、カゼインなどを混合したもの。吸収効率が良い。

上記のような感じでしょうか。

日本国内でメジャーなのはホエイとソイプロテインでしょうか。薬局なんかでも買えますね。

オススメはどのプロテインなの??

「正直、どれがいいの?」と言われると困りますが、入手性、吸収の速さからホエイプロテインをお勧めしております。


混合プロテインはトレーニング直後から4~6時間程度、じわじわと吸収され続ける、なんて特徴があったり、お勧めなのですが、日本国内では入手性があまりよくないようですね。

摂取タイミングとしては体がダメージを受けて回復するタイミング=トレーニング終了直後をお勧めしております。

何度も言っていることですが、プロテインを飲んだからと言ってすぐに筋肉がついたり、体が大きくなることはありません。


普段の食生活、トレーニングと併用し、長期間摂取し続けることにより、効果を発揮するものです。

過度な期待、間違った知識で使用することなきよう、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●筋トレ会のお問い合わせもお待ちしております!●

清水区で整体をお探しの方は

ほぐし処くさなぎくさなぎ鍼灸・整骨院)へお越しください!

TEL 054-659-1047まで。

ホームページはこちらです。http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする