道路交通法の改正と自転車保険への加入

6月に入りいよいよ以前から話題になっていた道路交通法の改正が施工されたようですね。

今回の改正の最大のポイントは【自転車の取り締まり強化】だそうです。ポイントとしてはおおよそ以下の14項とのこと↓

1.信号無視

2.通行禁止違反

3.歩行者専用道での徐行違反等

4.通行区分違反

5.路側帯の歩行者妨害

6.遮断機が下りた踏み切りへの進入

7.交差点での優先道路通行車妨害等

8.交差点での右折車妨害等

9.環状交差点での安全進行義務違反等

10.一時停止違反

11.歩道での歩行者妨害

12.ブレーキのない自転車運転

13.酒酔い運転

14.安全運転義務違反

他にも

■雨天時の傘さし運転

■2人乗り(※子供専用の椅子はOK。前後に椅子をつけて3人乗りまでは法的に認められているそうです)

アウトなのだそうです。

ウーム、自転車に乗ることがある私としては他人事ではありませんね・・・。多額な損害賠償が発生するような自転車事故における訴訟も起こっているようですので、これを機に自転車保険に加入したいと考えております。

自転車保険は年間1200円程度のようですのでひとつの安心料としてはアリなのかもしれませんね。

当院の損害保険でお世話になっている業者さんに伺ったところ【個人賠償責任保険】が特にオススメとのことでした。自動車保険や火災保険に年間数百円程度プラスすれば追加できるそうですので、こちらのほうで検討してみようかなぁ・・・と。

まだ法的な規制が緩やかだった昭和の頃から自転車を乗り回していた私としては肩身が狭くなってしまったような気持ちでいるのが正直なところですが、これも時代の流れからいって必要なことなのかもしれませんね。

私は小学生の頃、教科書の一種だった【歴史の資料集】を見るのが好きな子供でした。別に勉強熱心なわけではなく、単に絵や写真が掲載されていたからに他ならないのですが・・・。

そんな子供の頃、資料集から【応仁の乱】【天保の大飢饉】など歴史上の事件を知るたびに「きっと僕が生きている内にこのような歴史を揺るがすような大事件は起こらないだろう」と高を括っていたものです。

しかしながら、残念なことに今日に至るまでにたくさんの歴史的大事件が起こってしまいました。そんな世の中の移り変わりの中、法という国の仕組みが変化していくのも当然のことなのでしょう。

パソコンや携帯電話も高校生の頃は一生使わないものだと信じて疑わなかったのですが・・・まさかホームページやブログを運営しているような日が来るとは思いませんでした。

さしあたりそんな私が近々で選択を迫られそうなのがスマートフォンへの移行。通信機能の不安定さ、維持費の高さ、電池パックの消費の速さなどなど・・これまでは敬遠してきたのですが、メーカーが生産を打ち切ってしまう(=サポートの終了)以上は選択の余地はなさそうです・・・(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●交通事故治療はお任せ下さい!●

清水区でアーク光線、整体 、鍼灸をお探しの方は

ほぐし処くさなぎくさなぎ鍼灸・整骨院)へお越しください!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

  1. […] 道路交通法の改正に伴って自転車への取り締まりが厳しくなったばかりですが、思わず「いいね!」と連呼してしまったことがあったのでご紹介したいと思います。 […]