今日の漫画メシ 〜土方歳三が愛した?沢庵茶漬け〜

画に出てくるご飯ってミョーに美味そうに見えませんか!?私は見える!

本日もブログをご覧くださり誠にありがとうございます!静岡市清水区の整体院・ほぐし処くさなぎの野村です。

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか!?同じくゴールデンとかけまして・・・今回は漫画『ゴールデンカムイ』(野田サトル著)に登場する沢庵茶漬けを実食してみました(笑)

(※『ゴールデンカムイ』(野田サトル著)より転載)

「お茶漬けに細かく刻んだ沢庵をのせてくれ」

「好きですなぁその食べ方・・・」

なこのお茶漬け。質素ながらに何だかミョーに魅力を感じちゃったんですよね。

(※『ゴールデンカムイ』(野田サトル著)より転載)

土方歳三が好んだというこの食べ方、私も「好きですなぁその食べ方・・・」となれるのか!?挑戦してみました!!!

用意は簡単。煎茶と沢庵漬けを細かく刻んで用意し、あとはご飯にかけるだけ。

作中のように松前漬けはさすがに用意できませんでしたので昆布で代用。まぁ・・・それらしくはなった・・・か!?

たまーに漫画などの創作に登場する食べ物を再現して遊んでいるのですが、個人的に気を付けているのが「出来るだけ洒落た感じに整える」こと。

今回はご飯は抹茶椀に盛り、ちょっと四方膳(武将が戦の前に食したと言われる膳)っぽくまとめてみました(笑)

煎茶が飲み頃になった頃合いにおもむろにご飯の上に沢庵漬けを。そこへ煎茶を注ぎます。

子供の頃にお茶漬けってあまり美味しく感じなかったのですが、実に30年ぶり近いお茶漬けの味はいかがなものか・・・?

いざ実食!!!とさらさらっと食べてみると、これ・・・大人の味って感じですね。何というか・・・現代の日常では忘れ去られた味。

上手く表現できませんが、そういった非日常感が相まって、こういう食べ方って何だか洒落ているような気がしました。

茶漬けを平らげた後は残りの煎茶を抹茶椀へ注いで食後の一服。スパゲティやらカレーやらジャンクなものばかり食べている私ですが、たまのこういったある種の”粗食”って不思議な満足感で心が満たされる気が。

こうしてゆったりとお茶漬けをすすってみると、食事って一種の儀式のようなものなのかもしれない・・・なんて不思議な着想があったりします。

さて、今度はどんな漫画メシに挑戦してみましょうか・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールデンウイークも休まず営業!

清水区 の整体・鍼灸・整骨院をお探しの方は当院へ!!!

TEL 054-659-1047まで。

ホームページはこちらです。http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする