人生初めての傷。

確には打撲(うちみ)ですね・・・これ。

まだ始めたばかりのキックボクシングですが、師匠の教え方が良いせいか早くもミット打ちというそれっぽい訓練に参加しています。

剣道、弓道、居合道などなど・・・。武器を使う武道を嗜んできた私ですが、拳で何かを殴ったり、あるいは蹴ったりするのって人生で初めての体験なんですよね。

グローブを外してみると何やら拳に赤く打ち身の痕が。「次回からはバンテージを巻いたほうがいいかもしれませんね」と師匠に励まされつつ、「あ・・こういうところが打ち身っぽくなるのって人生で初めてだよなぁ・・・」と何やら不思議な気持ちになりました。

実は私、師匠に「キックボクシングとか興味ありますか???」と初めて尋ねられた時に「いや・・人を殴ったり蹴ったりすることには関心が無いですね」と即答してしまったのですね。

ただ、不思議なことにいつの間にやら「やってみようかな・・」という気持ちに。なぜこのような心境の変化が現れたのか定かではありませんが、「以前に比べて自分が心身ともに元気になってきているからではないか」と考えています。

これは私の仮説なのですが、人間の生命力というものは何らかの病を抱えているうちはすべて(あるいはそのほとんどが)その病の解決のために費やされてしまうのではないかなぁ・・と思うのですね。

即ち、自分の中で何かが病んでいるうちは前向きな気持ちや意欲、希望などが湧いてきづらいんだろうなぁ・・・と。新しいことにチャレンジしてみようという気持ちがどうしても湧いてこない方、前向きな意欲が全く出てこない方などは、もしかしたら自身の中の何かが癒えていないのかもしれません。

思えば私の人生というのは長らく病人の人生であり、大した事でもない出来事にいちいちストレスや不安、恐怖を感じる神経質なものであったと思います。

願わくば、新しい物事を受け入れたり、チャレンジすることに不安やストレスばかり感じるデリケートな状態をもっと脱して、今以上に何事も楽しめるような元気を取り戻していきたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●筋トレ、ボクササイズにご興味のある方!お問合せ下さい!●

清水区で整体をお探しの方は

ほぐし処くさなぎくさなぎ鍼灸・整骨院)へお越しください!

TEL 054-659-1047まで。

ホームページはこちらです。http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・