交通事故にあってしまったらどうすべき?

交通事故当初の対応について

ここでは万が一交通事故の被害者になってしまった場合にまずどうすべきかポイントについて以下にご紹介させていただきます。

1.必ず警察に届け出る(勝手な交渉には応じない)。

2.出来るだけ即日に病院に行く。

3.痛みが無くても後から痛くなることがあるので軽視しない。

交通事故にあってしまったら?

Q1.交通事故に遭いましたが、ほとんど怪我もなかったので放っておいても大丈夫だと思います。仕事も忙しいし面倒なので病院に行かなくてもよいでしょうか?

A.事故の当初は軽いケガでも数日してから痛くなったり、場合によっては後遺症が出ることがありますので必ず病院に事故にあってしまわれたことを伝えて受診されて下さい。

(例として、頭を強打しなくとも【慢性硬膜下血腫】という疾患が2~3ヶ月後に出る場合があります)

また、【後遺障害認定申請】を行うときや【損害賠償請求】を行うとき、事故直後に治療を受けた事実がなければ、事故とは無関係の症状ではないか?といった濡れ衣を着せられてしまうケースがあります。

たとえ軽いケガだと思っても、できる限りその日のうちに受診することをお勧め致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q2.交通事故にあった当初は特に不調が無かったのですが、1週間位して首が痛くなってきました。事故当初は病院に行ってないのですが、どうすればよいでしょうか。

A.できるだけ早急に病院に受診し、事故にあった旨と事故を機に首が痛くなってしまったことを医師にご相談下さい。

また、当院をはじめとした接骨院へ行かれることをおすすめ致します。2週間以上経過してしまうと、痛みの原因が交通事故なのか、それとも事故以外の原因によるものなのかが立証しにくくなってしまいます。

できれば交通事故の直後に受診して頂くのがベストなのですが、痛みが出たらすぐに病院を受診し、ご加入されている保険会社にご相談されて下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q3.事故当初は、特に怪我もしていなかったので【物損事故】として手続きしましたが、その後に首の痛みなどが出てきました。どうしたら良よいでしょうか?

A.なるべく早急に病院に受診され、接骨院で治療を受けられることをおすすめします。

また、このような場合には【物損事故→人身事故】へと扱いを変える必要があります。

人身事故扱いにする場合、警察による現場検証を受けていることが前提となります。軽傷であれば当院より【施術診断書】を警察に提出することで可能となりますのでご相談下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q4.加害者側が【警察に届けないで欲しい】と言うのですが・・・。

A.結論から申し上げますと、【必ず警察には届け出をする】のがベストです。

警察に事故現場を検証してもらうことで、被害者側にも加害者側にも【事故後の保険の手続きがスムーズになるというメリット】があります。

事故の発生時はお互いに動揺して感情的になってしまうものですが、相手を思いやる意味でも必ず警察に届けるようにしましょう。

※届け出を行わないことは道路交通法にも違反するようです。

また、最悪の事態を想定すると、【加害者側の保険が利用できず十分な賠償をしてもらえない】どころか【交通事故自体を無かったことにされる】恐れもありますので重々ご注意ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【以下のページもぜひご参考下さい!】

自賠責保険について

交通事故にあってしまったらどうすべき?

➡交通事故治療についてのQ&A

➡むち打ち症とは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・