腰がギクッとなるときがある

今回は腰痛.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

腰がギクッとなるときがある。

◆お悩み

実際に、産後3ヶ月ぐらい経ったときに、ギックリ腰になりました。

机を動かしていて、何か腰が軽くなったと思ったら、そのまま立てなくなりました。

この時は、そこまで酷くなく、2、3日で特に治療もせず、良くなりました。

この経験依頼、変な体勢で体を動かさないように注意をしているのですが、3年経ってもいまだに、腰が不安定な感じがします。

特に治療が必要なほど、急を要していないし、育児で忙しく、なんとなくそのままになっています。

自宅でできる、ストレッチや体操などがあったら教えて欲しいですし、やっぱり専門家に一度診てもらうほうがいいのか、知りたいです。

●ほぐし処くさなぎからのコメント

お産の後の腰痛については当院もよくご相談頂きますが、質問者様のように多忙で特にケアもできず過ごされる方が多いように感じております。

恐らく、ぎっくり腰の時に痛めてしまわれた部位をかばっていたときについたお身体のクセが抜けないまま、来てしまわれているのでは・・・と予想します。

いわゆるぎっくり腰というのは捻挫の一種でして、クセになることがあります。3年経過されても腰が不安定な感じがされるとのことですので、あまりご自身で抱え込まれずに専門家にきちんとみてもらった方がよろしいでしょう。

お忙しいように拝察いたしますので、在宅でできそうな対処法は以下のようなものがあります。

●腰痛体操(ヨガ、マッケンジー法、ウィリアムス法など)

●骨盤バンド(主に骨盤の関節を固定するコルセット)

●腰が沈み込むような柔らかすぎるマットで寝ない

●腰を温める(冷やさないように気を付ける)

●出張施術サービスの活用

また、これはなかなか難しいことかもしれませんがご負担を少しでも減らすことが出来るようにご家族から育児や家事のアシストを得ることも効果的だと思います。

例えば子供さんを預かっておいてもらって病院や整体へいくとか、重たい物を持ち上げる時や中腰になる作業があれば代わりにやってもらう、などです。

家庭の中でお母さんの調子が悪いことは子供さんにとって非常に大きな不安を与えることにつながります。【お母さんの身体のケア=子供のため】といって過言でありません。

くれぐれもご自愛頂くと同時に【子供さんのために】ご家族からアシストを受けれる体制を作っていけますよう、そして一日も早い回復をお祈りしております!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡市清水区 で産後の腰痛でお困りの方は当院へ!!!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。

http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・