腰痛ベルトを長く使用することについて

今回は腰痛.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

腰痛ベルトを長く使用することについて

◆お悩み

ある程度年を重ねてくると肩凝りや腰痛などは仕方がないことだと思うのですが、特に私の場合は力仕事をしており、その仕事柄腰に負担をかけてしまうことが多くあります。

現在は腰痛ベルトを使用しているのですが、そうすると今度は腰痛ベルトなしでは物足りなくなってきたというか腰痛ベルトなしではいられないとさえ思ってしまいます。

ですが腰痛ベルトを使い始める前は、多少の腰痛など気にならなかったように思います。

そこで質問なのですが、こうした凝りや痛みを軽減するためのグッズを長く使用しても良いものなのでしょうか?どうしても長く使っているとそれに頼ってしまうように感じるのですが。

また他に腰痛を軽減させる良い方法があれば、教えていただきたいと思います。お願いいたします。

●ほぐし処くさなぎからのコメント

仕事柄、腰に負担がかかってしまうとのお話しに、一生懸命にお仕事に取り組まれているご様子が伝わってくるようでした。

ご相談について以下にお返事させて頂きます。

凝りや痛みを軽減するためのグッズを長く使用しても良いのか

凝りや痛みというのはお身体が何らかの病的な状態に陥っていることへのシグナルであり、何らかの手当てが必要な状態とお考え頂くのが慎重でよろしいかと思います。

急性期(例えばぎっくり腰になったばかりの状態)に患部を安静・保護するためにコルセットや腰痛ベルトをお使いになるのはよろしいかと思いますが、それはあくまで治癒するまでの一時的にすることであり、それを日常的に使い続けているのは骨折の際に施す固定具をずっとされているようなものです。

例えば力仕事をなさる時だけ腰を保護するためにお使いになるのは有効だと思いますが、グッズそのものに治療効果があるというより【身体が自然治癒するまでにその治癒力が円滑に発揮されるように保護するもの】という位置づけで活用されるのがよろしいかと思います。

他に腰痛を軽減させる良い方法があれば教えてほしい

上述の文章の続きになりますが、力仕事と腰痛ベルトの使用が日常ということであれば、お身体に対して何らかのケアが必要であると考えます。

恐らく、お仕事と筋肉のコリによって腰痛が出てくるので腰痛ベルトをお使いになっているものと拝察いたしますが、腰痛が慢性的にあるのであればそれは放置して勝手に治るものではない可能性があります。

つまり、もう一歩踏み込んだ治療が必要な段階であり【なぜ腰痛が起こるのか】という原因の究明に基づく専門家による治療が必要であると考えます。腰痛のみならず、痺れや違和感が出てきた場合には特に注意が必要ですので、そのような場合には早期に整形外科に受診くださいませ。

一日も早い回復をお祈りするとともに、私達のような業種のものがお役に立てれば幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
静岡市清水区 で慢性の腰痛にお困りの方は当院へ!!!
TEL090-8333-5518まで。
ホームページはこちらです。
http://hogusidokoro.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・