本年もありがとうございました!

末の候、皆様はいかがお過ごしでしょうか?本日でもう2015年も終わりかと思うと何やら実感がわきませんね・・・。

毎年、年の瀬になると奇妙な焦りを感じるのですが、その正体について考えてみたところ【私は今年一体どれくらいのことを成し遂げることが出来ただろうか?】という成績評価とでもいうのでしょうか・・・。自分自身から向けられるジャッジに焦りや緊張を覚えるのだという結論にたどり着きました。

日々、意識が高い方々に囲まれていると劣等感や自分自身の勇気の無さ、うだつの上がらなさに落胆することもしばしばだったりします。これで【業績が数倍になった】とか【新規店舗を増やした】とかであれば自分なりに自分自身のことを褒めてあげれるのかもしれませんね。

かたや【継続させて頂くことが出来ている幸せ】というのもまぎれもない真実であります。お恥ずかしいながら、もともと現在の仕事は私の一代ではじめさせて頂いたことであり、不器用で容量の悪い私は【仕事を頂けなくて苦しんできた】人間です。開業以来、年中無休を貫いてきているのもその時のトラウマといって過言でありません。

そんな私がたくさんの方々にお励まし頂き、そして今日に至らせて頂いているということだけでも大いなる僥倖であるといえましょう。

【なせばなるほどこと足らず。苦しみ嘆くも哀れなり】そんな一節を教えられたことがあります。貪欲になりすぎるあまり、何を得ようと満たされない苦しみの螺旋に翻弄されるのはきっと苦しく、不毛なことなのでしょう。

しかしながら、劣等感と恐怖心の塊である私ながらに、【もうちょっと自分のことを褒めてあげれるような自分自身になりたい】というささやかな祈りのようなものが心の中に在り続けるのは事実であります。

これまで私は皆様のおかげで劣等感や恐怖心の中、ちょっとだけ勇気を出して、少しだけ一歩を踏み出す力を頂いて参りました。情けないですが今までも、そしてこれからもきっとそうなのでしょう。

2015年、何とか無事に過ごすことが出来たのは他でもないお励ましを下さいました皆様のおかげです。この場をおかりして感謝申し上げます。

2016年が皆様にとって最高の年となりますように。皆様のお役に立てますよう努力させて頂きますので今後ともほぐし処くさなぎとくさなぎ鍼灸・整骨院をどうぞよろしくお願い致します。