水分の過剰摂取が熱中症悪化させる!?

9/1の静岡は涼しい一日となりましたね。

どこか秋風を感じさせるような涼やかな風が通り抜けた本日でしたが、日差しはまだまだ強く、むしろこんな気候の時だからこそ熱中症には気を付けたいものです。

よく聞く熱中症ですが水分の過剰摂取が熱中症悪化させる!?など、今回は熱中症の意外な一面についてご紹介したいと思います。

熱中症とは

熱中症は体内の熱が排熱できずオーバーヒートしている状態です。

症状としては目まいや顔の火照り、筋肉のけいれん、身体のだるさや吐き気、頭痛、重度になると意識を失うなど危険な状態に陥ることもあるので注意が必要です。

熱中症の対策

水分をこまめにとる、直射日光を避けるよう工夫する、衣服を工夫するなど体内の代謝熱がスムーズに排熱できるようにしてあげる必要があるのはよく知られている対策ではないでしょうか。

かたや直射日光には当たらず一日中エアコンのきいた室内にいる方でも熱中症をおこすことがあります。これは何故でしょうか???

水分の過剰摂取が熱中症を悪化させる!?

無論、室内でも気温の高くなる二階や風呂場などにいると熱中症を起こす可能性があります。

かたやエアコンのきいた部屋で特に肉体労働もしているわけでもないのに熱中症になるのはいったい何故でしょうか?これは水分のとりすぎで起こっている可能性があると言われています。

室内で運動せずに水分をとり続けると過剰な水分は汗で出すために皮下にたまっていきます。しかし運動による発汗がないと水分はたまり続け、これがエアコンで冷やされると、まるでクーラーシートを貼り付けているかの如く皮膚温度を低下させる原因となります。

この”クーラーシート”が代謝熱の放熱を妨げるため、こうして閉じ込められた熱が筋肉でオーバーヒート=熱中症を起こすのです。

このような発汗によって代謝されない水分のとりすぎで発生する熱中症では、さらなる水分補給を行うことは症状を悪化させる可能性があるため危険なのです。

エアコンは夏場の体調を管理する上でも有効なツールですが、使用法を誤ると体温のコントロール能力を低下・混乱させる原因となります。

人間が本来持っている熱の放散方法である”汗をかく”こともまた大切なことなのです。

熱中症とむずむず脚症候群の意外なカンケイ

【むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)】という病名を聞いたことはあるでしょうか?

むずむず脚症候群はヨーロッパでは17世紀からこれに相当する病気の報告があると言われており、症状としては主に脚に違和感や不快感があり、じっとしていられなくなってしまう病気のことです。

この違和感や不快感は時に耐えがたいもので、熱感や虫が這うような感覚、激痛を感じるケースも報告されています。

「遺伝的要因」、「ドーパミン神経細胞の機能異常」、「鉄分の欠乏」などなど、いまだ原因が特定されていないむずむず脚症候群ですが、「皮膚温度の低下」を原因とする説もあります。

無論、エアコンが無いような時代から報告がある病気ですので原因は「皮膚温度の低下」に限らないのでしょうが、いわゆる冷え症など体温調整や排熱がうまくできない体質というのは古今東西実在するのも事実。

私の経験上、冷え症の方ほどちょっとした温度の変化に敏感で、妙に暑がったり、やたら身体を冷やす飲み物を欲しがったりする傾向があるように感じています。

冷やしすぎない・温めること

エアコンと上手に付き合うことも大切ですが、身体の持っている発汗、代謝能力を衰えさせないこともまた大切なことです。

そのためには、運動をすること、シャワーで済ませず暖かい湯船につかること、香辛料など身体の中からも温めてくれるような食材を生活にうまく取り入れること、衣類を工夫する(シルク製の五本指靴下など)こと、など色々な方法があるでしょう。

最後に

エアコンの利きすぎた電車内やカフェなどにいると足の皮膚表面やつま先は冷たいのに中の筋肉に熱感を感じた経験はあなたにはあるでしょうか?

何を隠そう私は自室でたまにこの感覚を覚えることがあります。このような感覚を感じるのは例によって作業に没頭しすぎてエアコンの風に長く当たりすぎてしまったときが大半。暑いんだか冷えてるんだかよくわからず混乱して、エアコンを切ったり点けたりすることもしばしば。

なんとこれ、むずむず脚症候群も軽い状態で、そのまま放置すると筋肉がけいれんすることもあるそうです。

当院にお越し下さる患者様の中にも働き盛りの40代の男性で夜間の脚のむずむずを訴える方がチラホラ。原因不明の脚のむずむずと冷え、水分の過剰摂取の意外なカンケイ。あなたの問題解決のヒントになれば幸いです。