のれんを設置してみました。

れんを治療院の入り口に設置してみることにしました。

みなさまいつもご来院誠にありがとうございます!

ご存知当院は南幹線から2本ほど入った住宅地に開業させて頂いておりますため、よく言えば隠れ家的、一般的に言えば目立たない場所にあります。

「閑静でいいね!」とお励ましを頂くものの、もうちょっと何とかならないものかとこの度のれんを設置してみることにいたしました次第です。

これまでは看板オンリーでしたが、これからはのれんも目印にご愛顧賜れると幸いです<(_ _)>

蛇足ながら・・・。のれんの作成って人生で初めてだったのですが、色々と勉強になってしまいました。当院は入り口の関係からのれんのサイズが横210㎝と幅広になったのですが、作成後に”とある問題”が。

その問題とはのれんを通す棒の調達だったのですが、ホームセンターなどで長い木の棒が売っていますよね。あれ、ものすごく長く見えますがほとんどが一間(約182cm)で揃えられていて、それ以上長い木の棒となると特別なものになってしまうのだそうです。

そんなわけで今回作成したのれんを通すことができる長さの棒が見つからないという事態が発生。結局、近所のカインズで売っていた竹竿を採用することで事なきをえましたが、知らないことってたくさんありますね・・・(汗)

皆様、のれんをおつくりになる際にはサイズにお気を付けを・・・!