ストレートネックについて

今回は整体.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

ストレートネックについて。

◆お悩み

私は、肩から背中にかけて硬くなってしまっていてひどい肩凝り、腰痛の持ち主です。



仕事は事務員をしているために基本的にパソコンを使用した資料作成などをしています。



最近、今までよりも首や肩が重だるく感じてパソコンに向かうのも億劫になってしまうほどです。



以前に病院でストレートネックだと診察されたことがあります。



これが原因で肩凝りや腰痛が起こるのだと言われました。



私は、身長がとても小さく常に人よりも上を向いたりすることが多く、それもストレートネックの原因だと聞きました。



身長はもう伸びることは期待できないので、上を向く今の生活を変えることはなかなか難しいと思います。



なので、ストレートネックを完治させることも困難だと諦め始めています。



しかし、できることなら肩凝りや腰痛のない生活を送りたいです。



ストレートネックを改善させるために日頃からできることは何かありますか?



また、もし治療のために通うなら整骨院と接骨院どちらが良いのでしょうか?



教えてください。よろしくお願い致します。

●ほぐし処くさなぎからのコメント

ご相談の文面から苦悩されているお気持ちが伝わってくるようでした。ひどい肩こりに加えて腰痛まで出ていらっしゃるとのことでさぞお辛いことと拝察いたします。

まずストレートネックについてですが、これは病気ではなく身体の特徴に近いものです。背骨には生理的湾曲(せいりてきわんきょく)と呼ばれるカーブが首・背中・腰に存在しており、骨格図でご覧いただくと横から見た時にS字状にカーブしているのがわかるかと思います。

このカーブがあるおかげで背骨にかかる衝撃が分散されるのですすが、ストレートネックは首の生理的湾曲(背骨のカーブ)があまり無い状態ですので衝撃が分散されづらく首の関節や関節の周囲の組織を痛めやすくなってしまうのです。

(余談ですが、私も実はストレートネックでして剣道の稽古が原因で首がむち打ちになってしまった経験があります)

相談者様のひどい肩こりはストレートネックによってダメージを受けやすいお身体ゆえに、何らかの原因で肩首周りの筋肉が痛めつけられていることが原因として考えられます。恐らくですが腰痛についても無関係ではないと考えます。

ストレートネックそのものを改善することは難しいですが、ストレートネックによって生じてしまった筋肉や関節のダメージを修復したり、ダメージが蓄積されないように注意することは十分に可能です。方法としては以下の通りです。

①硬くなった筋肉をほぐすことで血流をよくし、傷ついた組織の修復を促進する。

②患部を温めて血行を促進し、傷ついた組織の修復を促進する。

③枕や寝具の改善(柔らか過ぎる寝具に注意。専門家にご相談ください)

④パソコン作業時の椅子や机の高さの調整(見上げず、見下ろさずの角度を模索・調整する)

⑤頭部に衝撃がかかるようなスポーツ(武道、アトラクションなど)は自重するかケアをしつつ取り組む。

お身体のケアを委託される機関についてですが、ご質問の整骨院と接骨院は表現が違うだけで同じ医療機関になります。基本的にいずれも急性外傷の応急手当(捻挫、脱臼、打撲など)を専門とする機関になりますので、相談者様のお悩みに関する相談先としてはやや専門分野が異なります。

しかしながら、自由診療にてストレートネックによるお身体の痛みなどの慢性疾患のケアにも力を入れている整骨院や接骨院もありますのであらかじめサイトを確認するか問い合わせ・相談されるとよいでしょう。

蛇足ながら、当院も慢性疾患のケアには力を入れておりますのでまたお役に立てるようでしたらぜひご相談くださいませ。

以上、ご参考になれば幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡市清水区

ストレートネック、肩こり、腰痛

にお困りの方は当院へ!!!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。

http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・