2017年2月の禅ヨガ

年初の禅ヨガです。

早くも3月に入ってしまいましたね。3/1の本日、「子供が卒業式なんです」という患者様もチラホラ。出会いと別れ・別れと出会いのあるこの時期は色々な形でご縁がつながるシーズンのようにも思います。

今回の禅ヨガは茶話会という企画もあり、いつもとはまたちょっと違った内容でした。寺宝の涅槃図を副住職様のご厚意でお披露目下さり、説法とともにどのような絵であるのかという学びの時間を過ごしました。

入滅する釈尊を中心にとてもたくさんの人たち、動物が描かれており、どれも表情豊かで意味のある絵図となっていることにとても興味をひかれました次第です。

お会いした方々の中でも特にご縁を感じたのはゲシュタルト療法をメインにカウンセリングをされているヘッド ミカさんとの出会い。私、もと心理カウンセラーではありますがゲシュタルト療法については特にトレーニングを受けていないためについ話が盛り上がってしまいました(´Д`)

カウンセリングの専門家の方には久しぶりにお会いするので色々とお励ましを頂き、恐縮するばかり。「クライエントと対等になるために”先生”ではなく”さん”づけで呼んで頂いてます」というお話も大変ためになりました。

私がカウンセラーだった時の理論(来談者中心療法と精神分析)では特にクライエントに何と呼んでいただくのかまでについて工夫をされている先生はいたかどうか・・・。

や、こうして専門性の高い方々とお話しできるのって本当に光栄であり、ためになることを実感します。今後ともよろしくお願いいたします!!!

コメント

  1. 樋口千鶴 より:

    学び 茶話会 美味しい茶菓子
    美術 出会い 繋がり…

    忘れられない一日となりました

    • hogushidokoro より:

      樋口先生

      いつも素敵なご縁をつないで下さりありがとうございます!

      おかげさまでいろいろと心に響くような忘れられない半日となりました。

  2. ヘッド ミカ より:

    禅ヨガで素敵なオーラのある野村さんと出逢えて光栄です。

    私は、「~しなさい」といったカウンセラー先生ではなくて「クライアントの心を映しだす鏡」であり「目の前にただ存在する人」でありたいと思っています。

    これはゲシュタルトで大切にしている「我ー汝の関係」で、仏教でいうところの「南無」に通じます。

    カウンセラーのおかげではなく「自分で悩みを解決できた」と感じていただけるのが理想なんですよ。

    • hogushidokoro より:

      ミカさん

      コメント下さり恐悦です!

      今度よろしければお話させて頂ければと思いますが、ミカさんは私がこれまでお会いしてきたカウンセラーの中で最も自然体な雰囲気とスタンスを持っていらっしゃるように感じました。

      単なる理論上の制約から行動を制限・規定しているカウンセラーが多い中、ミカさんは「何がクライエントにとって一番良いのか」ということを考え、信念を持ち、実践されているのが伝わってくるようでした。

      またお会いできるのが今から楽しみです!