枝ものと一輪挿しの夢

合室の木蓮が咲いてくれました。

華道にたしなみが 無い私ですが、生け花の中でも特にこういった枝ものが大好きです。梅や桜を大壺に枝ごとぶち込む!といったこのスタイルがあたかも室内に木が生えているようでカッコいいなぁ・・・と。

そんなことを話していたら「そんなのいくらあっても足りませんよ!!!」とお花屋さんに笑われてしまったことも。ホントそうですよね・・・(苦笑)

かたや壁に配された一輪挿しにポンと侘助が・・・というような見せ方も大好きだったりします。私はいささか極端な性格なのかもしれませんね。いずれもスペースの扱い方や見せ方が難しそうですが、枝ものや一輪挿しって洒落ていると思うのです。

夢というより妄想に近いですが、家を建てることがいつか出来たら一輪挿しや枝ものを楽しめるようなしつらえに出来たらなぁ・・・とフト思うことがあります。10代の頃はそんなことは全く考えなかったので老化現象でしょうか?

家なの?店なの?というようなしつらえの自宅に友人たちを招待して、学生の頃みたく深夜まで遊んだり、カウンター越しにコーヒー出してあげたりなんかしてもてなしてあげれたらきっと楽しいし、私は幸せだと思うのです。