人生初の腰痛

今回は腰痛.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

人生初の腰痛

◆お悩み

大学を卒業するまで本格的にスポーツをやっていて、43歳になる今まで腰痛など経験したことありませんでした。ところが少し絡んだだけで突然引きずるような痛みを覚え、3分ほどその場で動けなくなる事態が発生しました。これがぎっくり腰かと思って相当に恐れおののいたのですが、本当にぎっくり腰であればもっと動けない時間が長くこの程度では済まないと周りから言われました。



ぎっくり腰でもなく、筋肉痛でもない痛みでしたがレントゲンの結果なども大きな問題はなく自然に治るのではないかと言う診断を整骨院で受けたのですが、今後どういったケアをしていけば良いのか自分自身でもわかっていません。



できるだけ長く大好きなゴルフもしていきたいし力仕事も続けたいので何か良いアドバイスがあれば教えてもらいたいです。

●ほぐし処くさなぎからのコメント

急激な痛みが発生したとのことでさぞ驚かれたことと思います。【ぎっくり腰?】とのことですが、痛みが発生した状況というのはどういう状況なのでしょうか?

ご賢察の通り、いわゆるぎっくり腰だった場合には捻挫の一種になりますので数分で治癒してしまうものではありません。そこで予想されるのは【筋肉がつってしまったのでは?】という可能性です。

これは有痛性筋痙攣(ゆうつうせいきんけいれん)あるいは運動誘発性筋痙攣(EAMC/Exercises Associated Muscle Cramps)いう現象で、主にふくらはぎなどでよく起こります。恐らくですが、ゴルフのプレイ中か、急に立ち上がった時に腰(あるいは股関節=お尻の筋肉)に激痛が走ったのではないでしょうか?

原因としては電解質不足(猛暑やそれに伴う発汗による)筋疲労など様々ですが、【筋線維が急激に収縮した際に収縮した筋線維と収縮していない筋線維の間にずれの力が働き、筋肉の痛覚線維を刺激するので痛みと痙攣が発生する】というメカニズムが働いています。

お話をお伺いするにこれまで特にこれといったセルフケアをせずにこられているようですので、これを機に整骨院や整体院など筋肉や関節のケアの専門家の施術を受けたり、セルフケアの方法について相談されるとよろしいかと思います。

今後、スポーツをお続けになっていくうえでも競技におけるパフォーマンスを高め、トラブルを予防するよき方法論となってくれると考えますので、不慣れでご面倒なのではと思いますがご自愛を頂けると幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡市清水区 で有痛性筋痙攣、運動誘発性筋痙攣でお困りの方は当院へ!!!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。

http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・