慢性的に左半身が全体的につらいです。

今回は腰痛.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

慢性的に左半身が全体的につらいです。

◆お悩み

慢性的に左半身が全体的につらいです。



中学生の時に左腰が痛くなりました。原因はよくわからないままです。



学生の頃に通っていた整体の先生にだんだん左腰だけじゃなくて左側全体がつらくなるからしっかり治しましょうと言われました。



最初は言われるように通っていたのですが、費用の面でも厳しく完治までには至りませんでした。



現在やはり痛みは広がり、左半身、首から足裏まで常に鈍痛があるような状態です。



気づくと右側に体重をかけるような姿勢ばかりとっていたせいか骨盤の高さも違っています。



とても身体のバランスが悪い状態だと自覚はしているのですが、普段の生活でどう気をつければいいのかわかりません。



自分ではまっすぐ姿勢よく立っているつもりでも鏡をみるとどちらかの肩が下がっています。



どうしたら普段の生活の中で少しでも改善していけるものでしょうか?

●ほぐし処くさなぎからのコメント

原因がよくわからない痛みというのは本当に不安でお辛いこととお察しいたします。

お身体の状態については実際に拝見してみないと何とも言えないのですが、左半身に不調が出る方というのは瘀血(おけつ)体質であるという東洋医学の一説がございます。

”お血(おけつ)”という言葉は耳慣れないことと思いますが、ざっくり申し上げると「血液の流れによどみが出来ること」でして、血液のよどみが痛みや病気の原因となるというものです。

この”お血”については体質的になりやすい人とそうでもない人がいるのですが、血液の流れが悪くなることによっておこる不調(身体のこり、痛み、頭痛、便秘、思考力の低下、肌のシミなど・・・)などが多種多様に起こります。

西洋医学には基本的にこのお血という考え方がないので、鍼灸師など東洋医学を専門とする先生に相談されるとよいでしょう。ちなみに当院では血液のよどみを除去する【刺絡(しらく)】という技術と血液の浄化作用がある三七人参という漢方を使って対応させて頂いております。

【普段の生活の中で改善するにはどうすれば・・・】というご相談の答えにはならなかったと思いますが、恐らくセルフケアの範疇を超えた状態でいらっしゃるようにお見受けいたしますので、あまりお一人で抱え込まれずにセルフケア方法の相談もかねて専門家に相談・施術してもらうのが丁寧でベターだと考えます。

脅かしてしまうようで申し訳ございませんが、放置しておいて治らないものは放っておいてもよくならないケースが多く、むしろ悪化していく(老化や体質、環境の変化により影響を受けて)傾向があるように感じております。

金銭的な問題で治療を完遂できなかった経緯がおありのようですのであまり強くは申せませんが、お金も身体も両方大切なものだと思いますので、ご自分なりのリスクマネジメントの中で最善の選択をしていただければ幸いです。

一日も早い回復をお祈りしております!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡市清水区 でお血/瘀血(おけつ)体質でお困りの方は当院へ!!!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。

http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・