腰からふくらはぎにかけての痛み、しびれについて

今回は腰痛.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

腰からふくらはぎにかけての痛み、しびれについて

◆お悩み

特に何かきつい運動をしたわけではないのに、左側の腰から太もも、ふくらはぎにかけて違和感がありました。



具体的にはしびれるような感じがあったり、針で刺されるような痛みがありました。



その症状は2日間に渡って続きましたが、その後は収まっている状態です。筋肉痛や関節痛とは異なる痛みであり、湿布薬や鎮痛剤は使用しませんでしたがこのような痛みが再び現れたときはどのような対処をしたらよいのかわからずに困っています。家族からは坐骨神経痛ではないかと言われましたが、その可能性はあるのでしょうか?また、もしそうだとしたらどのような治療を受けることができるのでしょうか?あわせて日常生活上の注意点についても教えていただけると有難いです。

●ほぐし処くさなぎからのコメント

急な不調にさぞ戸惑われたかと思います。ご賢察の通り、坐骨神経痛のご症状である可能性が高いようにお見受けいたします。

坐骨神経痛はいくつかの原因がありまして、ひとつは①腰椎の椎間板ヘルニアから派生するもの、他には②梨状筋症候群とよばれる股関節周りの筋肉のトラブルから発生するものがあります。

恐らくですが本件については②梨状筋症候群とよばれる股関節周りの筋肉のトラブルから発生するものであると考えます。ご質問について以下にお答えいたします。

どのような治療を受けることができるのでしょうか?

まず先にご説明しておかなくてはならないのは【梨状筋のトラブルとは何か?】についてです。ここでご紹介するのは①梨状筋が縮こまっているケース②梨状筋が伸びてしまっているケースについてなのですが、いずれにしても坐骨神経の圧迫の原因となるため、坐骨神経痛の誘因となります。

①の原因の場合には梨状筋が硬くなることで神経圧迫の原因となっていることから、梨状筋を緩めてあげる必要があります(方法としては手技、鍼灸、電気療法などがあります)。

また、②の原因の場合には梨状筋がのばされることで神経が通過する空間が狭まってしまい、神経圧迫の原因を作っているので逆に梨状筋を歩いたりすることで引き締めてあげる必要があります。

日常生活上の注意点についても教えていただけると有難いです。

上述の原因がどちらかによっても対策が異なってくるために一概には申せませんが、よくあるのが長時間座っていたり、足を組んだりするような不良姿勢が股関節周りの筋肉のこりの原因となり、坐骨神経痛を誘発することがありますのでお気を付け頂くとよろしいかと思います。

また、当院では股関節周りの筋肉の柔軟性とインナーマッスルの強化をはかるバレエの基本姿勢(第1姿勢、第3姿勢、第5姿勢)を取り入れて見られることをおすすめしております(バレエの基本姿勢についてはネット検索ですぐに見つけて頂けると思います)。

 

いずれにせよあまりご自分だけで抱え込まれずに、専門家に相談されてみるのが丁寧かつ慎重でよいでしょう。

一日も早い問題解決をお祈りしております!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡市清水区 で腰痛、坐骨神経痛でお困りの方は当院へ!!!

TEL090-8333-5518まで。

ホームページはこちらです。

http://hogusidokoro.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・