妊娠中の妻の腰痛と便秘について

今回は腰痛.com様に寄せられていたご相談に関して書きたいと思います。

ご相談内容

妊娠中の妻の腰痛と便秘について。

◆お悩み

妻は妊娠9ヶ月にさしかかり、お腹もだいぶ大きくなってきました。

お腹が大きくなるとともに、腰痛と便秘がひどくなってきたと言います。

もともと妊娠する前から腰痛も便秘もしていましたが、妊娠8ヶ月目ぐらいから症状が悪化しているようです。


妊娠中のため、薬を飲んだり、湿布を貼ったりというのは極力しないようにしています。また、私がマッサージをしようとしても、お腹の赤ちゃんにさわるといけないからと拒否されます。

一応、インターネットで妊婦でも出来る体操を調べてやってみたり、食物繊維が多いといわれる、プルーンやごぼうを多く摂るようにしていますが、なかなか効果がみられません。


妊娠中の腰痛と便秘を緩和する良い方法はないでしょうか?

また、妊婦は整体院や接骨院に通院しても問題ないんでしょうか?

●ほぐし処くさなぎからのコメント

ご出産を控えられている奥様の代わりにリサーチをされているご主人の愛情あるお人柄が伝わってくるようでした。

さて、ご妊娠中の腰痛と便秘についてですが以下のような対策がありますのでご参考下さい。

①まずは専門医に相談を

恐らくすでに主治医には相談されたものと思いますが、もしも特にされていないのであれば一度相談されてみたほうがよろしいかと思います。

体操や食物繊維など色々とお調べになって自己努力されていらっしゃるのは良いと思いますが、あまりご自分たちだけで抱え込まれずに、専門医に相談されてみるのが丁寧かつ慎重でよいでしょう。

②寝具に気を付けてみる。

もしも起床時から腰が痛いなどの症状があるのであれば寝ている環境にも問題がある可能性があります。

当院で拝見させて頂いた妊婦さんで腰痛を起こす方の大半は柔らかい寝具でお休みになっているという共通点がありました。即ち、腰が沈み込むために就寝中に腰に負担がかかっているのです。

このような場合、身体をしっかりと支えてくれる硬さのマットレスにチェンジしていただくことも対策のひとつです。

③肩や首のコリをほぐす

お腹回りはナーバスになってしまうと思いますので、肩首のコリだけでも和らげてあげるとよいでしょう。

首と仙骨は副交感神経の領域ですので、便通に関与します。ここにコリや痛みがあることは便秘症にとってよいことではありません。

④整体院を活用してみる

マタニティ整体など、妊婦さんの施術に強い治療院があると思いますので、そういったところを活用するのも手です。

もしも特にそういった専門的な治療院がお近くに無いようでしたらあらかじめ「妊婦でも施術可能か?」とお問い合わせになるとよいでしょう。

赤ちゃんが母体内で成長することでお母さんの身体には様々な影響が出てきます。お腹が大きくなることで重量が増しますので腰痛を起こしやすくなりますし、便秘なども起こりやすくなってきます。

また、ご出産後も腰痛をはじめとした不調が起こりやすくなりますのでご注意の上、奥様をサポートいただけると幸いです。

無事なご出産と一日も早い問題解決をお祈りしております!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
静岡市清水区 で妊娠中の腰痛、便秘でお困りの方は当院へ!!!
TEL090-8333-5518まで。
ホームページはこちらです。
http://hogusidokoro.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・