交通事故治療のQ&A

交通事故治療についてのQ&A

 ここでは当院の交通事故治療に関するQ&Aをご紹介させていただきます。

Q1.治療費はいくらぐらいかかりますか?

基本的ご負担はゼロとなる場合が多いです。

保険会社(加害者側の)へ当院(くさなぎ鍼灸・整骨院)に通われたい旨をお伝えになるだけで施術を開始することができます。

保険会社への治療費の請求は当院が行いますのでご安心して施術をお受け下さいませ。

※加害者側が任意保険に加入していない場合や交通事故の過失割合によっては、治療費の一部負担や患者さんの立て替えが発生する場合があります。

Q2.どのような治療をしてもらえますか?

手技療法(マッサージなど)、物理療法(電気による治療など)を行います。

手技療法は病院では行わないところもあり、整骨院の得意分野です。ご症状にあった施術を行うことで早期の回復を目指していきます。

Q3.仕事が忙しく日中に通えませんがどうすればよいでしょうか

あらかじめご予約頂ければ21時以降の深夜や時間外の対応もさせて頂いておりますのでご安心ください。

Q4.保険会社から病院へ通院するよう勧められましたが、接骨院でも治療を受けれるのでしょうか?

はい。病院と並行して治療を受けることが可能です。

できれば病院のみでなく【病院と接骨院の双方で治療を受ける】ほうが早期回復にとってもよりよいでしょう。 

Q5.自賠責保険で鍼灸の治療は受けれますか?
鍼灸については【①保険会社の承諾】【➁医師の施術に対する同意書】があれば自賠責保険による治療が可能です。

保険会社によっては【鍼灸はダメです】と拒否されるところも多いのですが、実は法的な根拠がないのが事実です。

基本的に保険会社の許可してくれる内容 に従うしかないのですが、ご相談下さいませ。

Q6.診断書の発行は出来るのでしょうか?

厳密にいうと、いわゆる【診断書=医師のみが発行するもの】ですので、接骨院において発行できるのは【施術診断書(施術証明書)】というものです。

これは物損事故から人身事故に扱いを変更したい場合に必要なもので、【施術診断書】を警察に提出することで【物損事故→人身事故】に扱いを変更することが可能です。

ただし、事故発生時の【警察による現場検証】が必要ですのでご注意下さい。

Q7.保険会社から「症状固定につき治療は終了です」と言われましたが、これはどういう意味ですか?

【症状固定】とは”治療から一定期間が過ぎても治療の効果が望めない状態であり、交通事故後遺症となる可能性がある状態”を言います。

すなわちこれ以上、治療を続けても回復が見込めない】と判断されたことを意味しており、したがって【治療は終了】となるのです。

Q8.症状固定となったら治療は続けられないのでしょうか?

自賠責保険を活用した施術の継続は不可能ですが、自由診療や健康保険による施術を継続することは可能です。

Q9.症状固定で治療が終了しましたが、まだ痛みなどの後遺症が残ったままです。どうすれば・・・。

【後遺障害認定申請】が可能です。後遺障害認定申請はご自分でもできますが、行政書士や弁護士などの専門家に任せるのが得策です。

Q10.加害者が謝りに来ない上に電話にも出ず誠意が感じられません。腹の虫がおさまらないのですがどうすればよいでしょうか?

遺憾ながら、法的に【加害者側の言葉(ないし訪問)による謝罪】は義務付けられておらず、被害者が憤るケースは少なくないようです。

加害者側に謝罪を強制することはできませんので慰謝料請求など法的に訴えることで償ってもらうことを検討されるのが現実的と言えます。

Q11.どんな損害の賠償を請求できるのですか?
主な損害の項目は以下のようなものがあります。

①治療関係費(治療費、入院雑費、付添費、通院交通費、診断書等文書料等)
➁傷害(入通院)慰謝料
③休業損害
④後遺症慰謝料
⑤物損(修理費等)
⑥逸失利益
⑦死亡慰謝料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【以下のページもぜひご参考下さい!】
自賠責保険について

交通事故にあってしまったらどうすべき?

➡むち打ち症とは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・